初めてでわからないことだらけ!?外壁塗装の初心者によくある疑問を解決!

外壁塗装の訪問営業は信頼できる?

戸建て住宅を所有している場合、メンテナンスにお金をかけなければいけませんが、その1つが外壁塗装になります。
これから塗装をする場合、様々なきっかけでそれがスタートすることになるはずです。
例えば、住宅の外壁にひび割れ等が発生した場合には心配になるかもしれません。
このようなときには、外壁塗装をする必要があります。
ただそれ以外にも様々なきっかけがあり例えば訪問営業などもこれに該当するかもしれません。
訪問営業とは、セールスマンが自宅に来て外壁を塗装しませんかと勧めてくるパターンです。
このパターンの場合には、一般的に悪質なところもあるため注意をしなければならないです。
もし、訪問してくるセールスマンに対して自分も外壁を塗装したいと感じる場合にはその会社のことをよく調べた方が良いです。
会社の実態を調べた上で契約をするならば良いですが、勢いに任せて契約をしてしまうと失敗する恐れも否定できません。
最近はネット上に口コミや評判などがよく掲載されており、それを参考にすることで良い会社を選ぶことができます。

外壁塗装のクーリングオフは8日以内に行おう

一般的な住宅では、10年を目安に外壁塗装の塗り替えを行うことになりますが、外壁塗装の契約したけれどもその後に業者を調べると評判が悪かったのでもう一度考え直したい、せかされて焦って契約をしてしまったけれども解約したいなどと言うことがあるかもしれません。
実は訪問販売による契約トラブルも数多く見られ、このような時に消費者を守るためにあるものがクーリングオフ制度と呼ばれるものです。
契約した日から8日以内であれば制度が適用されることになります。
訪問営業等の勧誘において、冷静な判断ができない状態で契約をした場合に、消費者を守る目的で設けられたものです。
契約自体に問題がなければ多くの場合で適用されるものの、適用されない場合もあるため十分な注意が必要です。
適用されるケースは契約者側から業者を呼び寄せていない場合や、契約場所が事務所で行っていない場合、個人が法人と契約をしている場合など様々です。
条件に当てはまっていれば、着工後でも期間内であればクーリングオフは可能です。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装でよくある疑問を解決!

外壁塗装する場合、初心者にはわからないことだらけかもしれません。このような場合、まず知っておきたい事は一体いくらぐらいのお金がかかるかです。この料金がわかれば、安心して利用することができるかもしれません。また逆にお金が足りない場合は、ローンを組むなどの対処もできます。それが難しいと感じる場合には、先延ばししても良いでしょう。このような判断ができるため、まず見積もりをお願いしてみることが大事になります。

Search